まぐろのタルタルとすいかの全粒玄米ビーフン

夏にぴったりのさわやかな一皿。玄米ビーフンには、柔らかなまぐろに最高の味付けをして載せました。

 

写真およびビデオ制作協力:Jen Rich(ジェン リッチ)およびTinderflint(ティンダーフリント)

Level レベル: 中級

Serves 数量: 4-6

Prep Time 準備時間: 30分

Cook Time 調理時間: 5分

材料

まぐろ&ビーフン

全粒玄米ビーフン 225gパック

ミツカン寿司飯調味料 5ml

ルッコラ 1パック

刺身グレードのまぐろ、小さめの角切り 150g

葉玉ねぎの葉、薄切り 20g

わかめ 20g

すいか 1㎝角のさいの目切り 50g

きゅうり、薄切り 30g

枝豆 40g、湯がいたもの(小粒のグリーンピースでもよい)

 

まぐろ用ドレッシング

コチュジャンペースト 75ml

マヨネーズ 100ml

ごまペースト 200ml(出来ればタヒニ)

ミツカン米酢 125ml

しょうゆ 100ml

ほんてり 50ml

ごま油 15ml

作り方

1. 玄米ビーフンを大きなボウルに入れ、全部隠れるまで熱湯を注いで4分間置いておく。それから冷水でよく洗って水を切る。

2. ミツカン寿司飯調味料でしっかり味をつけ、手指で混ぜながら味をみて、好みで必要に応じて調味料を加え、大どんぶり4個または小どんぶり6個に分けて盛り付ける。

3. まぐろ用ドレッシングの材料を合わせてよく混ぜ、さいの目に切ったまぐろに半量をかけて味をみながら、好みに応じて少しずつ加えていく。

4. まぐろのタルタルは、それぞれのどんぶりに均等になるように分け、玄米ビーフンの中央に載せる。それから、まぐろの周囲に他の具を飾り、最後にすいかをまぐろの上に載せる。お出しして、すぐに召し上がっていただく。

ロナルド レイティ (RONALD LAITY)

ロナルド レイティ氏はミツカンの料理開発シェフです。常に食通として生きるレイティ氏は、日本の文化と料理に心を奪われ、日本社会に飛び込んで6年間を過ごした人です。しかしそのずっと前から、ロブスター漁師、鮮魚販売、チーズ製造、酪農労働者などの職を転々としながら、経験を積み重ねてきました。  英国への帰国後は、イギリスの日本食シーンに貢献し、Yakitoria、Samurai Sushi、Senkai、Feng Sushi、Bincho Yakitori、United Ramenを経て、ミツカンに入社しました。  正統派の日本食材で実験を重ねながら、その風味を活かす新たな方法の模索に情熱を注いでいます。

カニクリームコロッケ 柚子ホランデーズソース添え

さっくりした歯触り、黄金色のコロッケにクリーミーで柔らかなカニのセンター。キリっと米酢風味のホランデーズソースをかけました。

Challenging

115分

レシピを表示

なすと豆腐の餃子 柑橘風味つけだれ添え

なすと豆腐の具を詰めたデリケートな風味の餃子です。香り豊かな柑橘風味のつけだれで、深味と艶を加えました。お好みにより、蒸しても焼いても召し上がれます。

Challenging

105分

レシピを表示

照り焼きなすのタコス

フライパンで焼いた照り焼きなすと豆腐をはさんだ、美味しいベジタリアンタコス。

Challenging

75分

レシピを表示