初代中野又左衛門が、酒の醸造で残った酒粕を使って粕酢作りを開始する。

需要の高まりに応じて、初代中野又左衛門が半田に酢の工場を開設、ミツカン酢の基礎を確立する。

ミツカンのロゴが登録商標となる。デザインは、又左衛門家の家紋を元にしている。

ミツカンが米国市場に進出、日本からアメリカに酢の輸出を開始する。

品質大切にするミツカンでは、醸造酢を合成酢と区別する必要性を訴え、日本初の酢のびん詰め工場の一つを開設。

ミツカンが味ぽんを発売。現在日本一のぽん酢ブランドとなっている。

味ぽんの成功と人気に続いて、ほんてりを発売。

米国の酢の大手製造元、American Industries Co.を買収、ミツカンが国際企業となる。

ミツカンミュージアム、旧名称「酢の里」を日本の半田市(ミツカン酢が生まれた町)に開設。

ミツカン米酢を英国およびヨーロッパで発売、ミツカンの国際的な存在感をさらに拡大。

さらに拡張を続け、サルソンズ、デュフレ、ヘイワーズという伝統の3ブランドを買収。

その後、英国を代表するブランド、ブランストンを買収、同グループの英国内のポートフォリオを拡大。

「人と社会と地球の健康」という考えをもとに、持続可能性イニシアチブ、ZenBを日本で立ち上げる。