おせち料理 鮭の昆布巻き

鮭の昆布巻き、こぶ巻きは、おせち料理のごちそうとしてお正月によく出される料理です。こぶまきは、「こぶ」が「よろこぶ」の「喜び」を意味するとおり、喜びを意味します。

Level レベル: 初歩

Serves 数量: 4 人分

Prep Time 準備時間: 10 分

Cook Time 調理時間: 30 分

材料

昆布 8切れ

水(昆布を浸すため) 500ml

干しかんぴょう(ひも状に裂いたユウガオ) 15g

調理済みの鮭フレークの残り物

日本酒 80ml

白菊米酢 小さじ1

砂糖 大さじ3

醤油 大さじ3

ほんてりみりん 大さじ3

作り方

1. 昆布は30分ほど水に浸してから取り出し、その水(昆布だし)を取っておきます。かんぴょうを水に15分間浸し、水気を切り、流水ですすぎ、少量の塩でこすり、もう一度すすぎ、よく水気を切ります。

2.小型のざるに皮を取り除いた調理済みのサーモンフレークを入れて押し付け、水分を絞り出し、細いソーセージ状になるように押し出します。次に、丸太状になった鮭を昆布で包み、昆布の反対側の端を数回引き上げるようにしてしっかりと巻きます。昆布を全部巻いたら、1本ずつカンピョウで結びます。昆布の幅に応じて1~3本の結び目を作ります。最終的な一人分の分量を考慮しながら、結び目の位置を決めます。

3.鍋に昆布だしの半量を入れてゆっくりと加熱し、昆布の小さな包みを加えます。落とし蓋をして5分ほど中火で煮込み、砂糖と醤油の半量を加えます。昆布を壊す可能性のある調理器具を使う代わりに、鍋を持ってそっと回して醤油と砂糖を混ぜ合わせ、回すことで味が行きわたるようにします。蓋をしてさらに5分間煮た後、ほんてり、酒、白菊酢、残りの醤油を加えてさらに5分煮込みます。次に火を止めてそのまま1時間ほど置きます。昆布巻きを取り外して、好みの長さに切ります。

New

おせち料理 田作り

おせち料理の一部として伝統的に食べられてきた「たづくり」のレシピで自家製を試してみてください。イワシの砂糖煮をカリカリになるまで煎って、醤油、砂糖、蜂蜜、ほんてりでつや煮します。

Challenging

18 分

レシピを表示

New

おせち料理 伊達巻

この伊達巻のレシピで、自家製の美味しいおせち料理を作ってみませんか。卵と日本のかまぼこ、はんぺんを使った、ほんてりの風味豊かな惣菜料理の一品です。新年に、そして毎日の美味しい軽食に最適です。

Challenging

30 分

レシピを表示

New

おせち料理 なます大根

紀元700年代頃に中国から日本に伝来した「なます」は、白菊酢とみかんのやさしい酸味がありながらさわやかな味わいを醸し出す、完璧なバランスの取れた大根とニンジンのサラダの定番料理です。

Challenging

25 分

レシピを表示