ジンジャーブレッドマン

古典的なジンジャーブレッドのレシピを日本風にアレンジしました。 クリスマスならではのスパイスとホンテリの甘みのバランスが絶妙で、まろやかな味わいに仕上がっています。

Level レベル: 中級

Serves 数量: 7-8

Prep Time 準備時間: 30 分

Cook Time 調理時間: 18 分

材料

室温に柔らかくした無塩バター 145グラム

ライトブラウンシュガーまたはダークブラウンシュガー 150グラム

ゴールデンシロップまたはダークシロップ 70 ml

ホンテリみりん 30ml

常温の卵 大 1個

ピュアバニラエッセンス 小さじ1

薄力粉 450グラム

ベーキングソーダ 小さじ1

塩 小さじ1/2

粉末生姜 大さじ1

粉末シナモン 大さじ1

粉末オールスパイス 小さじ1/2

3 クローブ

作り方

1. ヘラ型アタッチメントを付けたスタンドミキサーで、生地を中速で1分間、完全に滑らかでクリーミーになるまで混ぜます。

2. ブラウンシュガー、ホンテリ、シロップを加え、中速で混ぜ合わせてクリーム状になるまで混ぜます。

3. 必要に応じてボウルの側面と底をヘラでこすり落とします。

4. 次に、卵とバニラエッセンスを入れて高速で2分間混ぜます。

5. 必要に応じてボウルの側面と底をヘラでこすり落とします。

6. 生地が分離することがありますが、問題ありません。

7. 別のボウルに薄力粉、ベーキングソーダ、塩、生姜、シナモン、オールスパイス、クローブ を入れ、混ぜ合わさるまで泡立て器で混ぜます。

8. 低速で卵にゆっくりと混ぜ合わせます。

9. クッキー生地はかなり濃厚で、少し粘り気があります。

10. 生地を半分に分け、それぞれを大きなラップの上に置きます。

11. 少なくとも3時間冷やします。

12. 予めオーブンを180℃に熱します。ベーキングペーパーまたはシリコン製のベーキングマットを2枚の大きな天板に敷き、冷蔵庫から半分に分けたクッキー生地を取り出します。

13. 手やめん棒だけでなく、作業台にもたっぷりと薄力粉をまきます。

14. 必要に応じて作業面に必ず薄力粉を足し続けてください。つけ忘れると台や手に貼りつくことがあります。

15. 1/4インチの厚さになるまで伸ばし、型で切ります。

16. 用意した天板の上に1インチ(約2.5cm)の間隔をあけてクッキーを置きます。

17. すべての生地が型取りされるまで、生地のくずを再び伸ばし続けします。

18. 残りの生地で繰り返します。

19. 約9〜10分間クッキーを焼き、焼いている最中に一度天板を回転させ、クッキーを天板の上で5分間冷ませます。

20. ケーキクーラーに移して完全に冷まします。

21. 完全に冷めたら、お好みに応じてデコレーションしてください。

22. 覆った状態で室温で最大1週間、新鮮な状態を保ちます。

ロナルド レイティ (RONALD LAITY)

ロナルド レイティ氏はミツカンの料理開発シェフです。常に食通として生きるレイティ氏は、日本の文化と料理に心を奪われ、日本社会に飛び込んで6年間を過ごした人です。しかしそのずっと前から、ロブスター漁師、鮮魚販売、チーズ製造、酪農労働者などの職を転々としながら、経験を積み重ねてきました。 英国への帰国後は、イギリスの日本食シーンに貢献し、Yakitoria、Samurai Sushi、Senkai、Feng Sushi、Bincho Yakitori、United Ramenを経て、ミツカンに入社しました。 正統派の日本食材で実験を重ねながら、その風味を活かす新たな方法の模索に情熱を注いでいます。

New

日本のクリスマス ストロベリーショートケーキ

繊細なスポンジの層にホイップクリームとフレッシュなイチゴが詰まった、日本でも人気の見事なクリスマスの定番です。

Challenging

70 分

レシピを表示

New

和風クリスマス味噌バター唐揚げチキン

和風の唐揚げは、味噌、ホンテリ、生姜の味付けでジューシーな中身が黄金色のバターミルクでパリッとコーティングされています。

Challenging

60 分

レシピを表示

しいたけスープと味噌豆腐ショット

繊細な味わいのしいたけスープと味噌豆腐のショットは、パーティーで注目を浴びること間違いなしです。

Challenging

180 分

レシピを表示